ページの先頭です

報道資料 平成30年9月27日発表 麻しん(はしか)患者の発生について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年10月18日
 9月26日(水曜日)、名古屋市中川区の医療機関から名古屋市保健所に「9月10日(月曜日)から9月14日(金曜日)にタイに渡航していた方に、発熱等の症状がある。」旨の情報提供があり、名古屋市衛生研究所が遺伝子検査を実施したところ、9月27日(木曜日)に麻しん陽性であることが判明しました。
 その後、本市が患者の疫学調査を実施し、内容を把握しました。
 本市における麻しん(はしか)集団発生につきましては、本年7月9日(月曜日)に終息したと判断しており、その後、本市では麻しん(はしか)患者が確認されておりませんでしたが、今回、新たに麻しん(はしか)患者の発生が確認されました。
 名古屋市保健所等は、健康観察等を実施するとともに、市民のみなさまへの周知・啓発に努めていきます。

麻しん(はしか)患者の発生について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

健康福祉局 総務課企画係

電話番号

:052-972-2509

ファックス番号

:052-972-4145

電子メールアドレス

a2509@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ