ページの先頭です

平成30年のスズメバチ情報と調査結果

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年5月21日

ページの概要:平成30年のスズメバチ捕獲調査の結果をお知らせします。

スズメバチ情報

越冬から目覚めた女王バチは巣を作り始め、早いものでは既に幼虫が出始めているようです。働きバチが出る前に家の周りに巣ができていないか点検をしましょう。

5月中旬の巣

コガタスズメバチの作り始めの巣の写真です

名古屋の住宅地で多く見つかるコガタスズメバチは初めはこんな巣です。

どうして、幼虫が出ていると分かるの?

下の週ごとのスズメバチ捕獲数のグラフを見てください。5月第1週目をピークに少し捕獲数が減っています。

スズメバチの成虫は樹液を舐めるので、スズメバチを捕まえるためのトラップの中には樹液の臭いに似せた発酵糖液を入れていますが、樹液以外にも好物があります。スズメバチは幼虫にエサを与えると、幼虫から栄養のある液をもらえるのです。巣の卵がかえって幼虫がいると女王バチは幼虫から栄養液をもらえるので、樹液に似せたトラップにかかりにくくなるのです。そのため、幼虫が出始めると一旦捕獲数が減っていきます。

幼虫が羽化して成虫になると働きバチとして幼虫の世話や巣の拡張などの仕事をします。成虫が増えていくと、幼虫の栄養液ではエサが足りなくなるのでトラップでの捕獲数が再び増えていきます。

スズメバチ捕獲状況

週ごとのスズメバチ捕獲数

平成30年は4月9日からトラップを設置し調査を開始しました。4月の第3週には2頭、第4週で58頭、5月第1週から第3週にそれぞれ88頭、71頭、51頭のスズメバチが捕獲されました。5月第1週をピークに捕獲数が減っています。また、例年と比較すると今年度はスズメバチの捕獲数、種類数ともに少ない傾向にあるようです。
平成19年から29年に捕獲したスズメバチの平均数と平成30年度に捕獲するスズメバチ数の比較グラフです。

西区は平成25年から、中村区、中区、中川区は平成28年から調査を開始したため、比較のグラフでは4地点の捕獲数は除いています。

カスト別スズメバチ捕獲数

5月第3週までに捕獲されたスズメバチの95%以上は女王バチでした。働きバチが捕獲されることがありますが、全て昨年産まれ寄生虫に寄生されていたため越冬した働きバチでした。
平成30年に捕獲するスズメバチのカスト別集計数のグラフです。

調査区別、種類別スズメバチ捕獲状況

4月第3週第3週までに270頭のスズメバチが捕獲されました。
種別では、活動開始時期が早いコガタスズメバチとオオスズメバチが多く、5月に入ってモンの捕獲が増えています。
調査区別スズメバチ類捕獲状況(2018)
調査期間千種西中村昭和熱田中川守山名東天白14区合計
4月(2週間計)112231132857321 60
5月(第3週まで計)41510829191012103828243210
6月---------------
7月---------------
8月---------------
9月---------------
10月---------------
11月---------------
5161210510201314184335564270
種別スズメバチ類捕獲状況(2018)
調査期間コガタキイロヒメモンオオチャイロクロ7種合計
4月(2週間計)23304300060
5月(第3週まで計)901442

72

01210
6月--------
7月--------
8月--------
9月--------
10月--------
11月--------
113444610201270

このページの作成担当

健康福祉局 生活衛生センター生活環境係

電話番号

:052-721-0191

ファックス番号

:052-721-0193

電子メールアドレス

a7210191-04@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ