ページの先頭です

麻しん・風しん(MR)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年4月1日

麻しん(はしか)とは

麻しんウイルスの空気感染によっておこる病気です。感染力が強く、発症率の高い病気です。発熱、せき、鼻汁、目やに、発しんを主症状とします。最初の3から4日間は38℃前後の熱で、一時おさまりかけたかと思うとまた39から40度の高熱と発しんが出てきます。
主な合併症としては、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎があります。患者100人中、中耳炎は7から9人、肺炎は1から6人に合併します。脳炎は1,000人に2人の割合で発生がみられます。また、1,000人に1人の割合で死亡します。

風しんとは

風しんウイルスの飛まつ感染によっておこる病気です。軽いカゼ症状ではじまり、発しん、発熱、後頸(こうけい)部リンパ節腫脹などが主症状です。発しんも熱も約3日間でなおりますので「三日ばしか」と呼ばれることもあります。しかし、大人になってからかかると重症になります。
妊婦が妊娠早期にかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる病気をもった児(心臓病、白内障、聴力障害など)が生まれる可能性が高くなります。

予防接種の概要

対象者 次の(1)と(2)の両方を満たす方

(1)名古屋市に住民登録がある方

(2)以下の対象年齢に該当する方

※免疫効果をより高めるために、麻しん・風しん(MR)ワクチンの接種に2回接種法(第1期、第2期)が導入されました。

麻しん・風しん(MR)予防接種の対象年齢
 区分対象年齢 
 第1期1歳以上2歳未満(2歳の誕生日の前日まで) 
 第2期

小学校就学前年度(年長児相当)

※平成29年度は平成23年4月2日から平成24年4月1日生まれの方 

接種回数

第1期、第2期ともに1回

使用ワクチン

第1期、第2期ともにMRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)

※麻しん又は風しんのどちらかにり患したことがある人については、麻しん又は風しん単独のワクチンによる接種を受けることができますが、MRワクチンで接種しても差し支えありません。

接種の受け方

市内の指定医療機関で接種を受けることができます。多くの医療機関では予約が必要となりますので、あらかじめ医療機関へお問合せください。また、接種を受ける際には健康保険証等の氏名、住所、生年月日を確認できるものと、母子健康手帳、シール式接種券をお持ちください。

指定医療機関

定期麻しん・風しん(MR)予防接種を受けることができる指定医療機関につきましては、以下のページに掲載しております「名古屋市予防接種指定医療機関一覧」ファイルをご覧下さい。

指定医療機関一覧のページ

第2期予防接種を忘れずに!

麻しん・風しん(MR)予防接種の第2期の接種はお済みですか?
年長児に接種する麻しん・風しん(MR)予防接種の第2期は接種を忘れがちです。
また、一方で、対象年齢の終りが近づく年度末になってあわてて接種したら、実は年度当初に接種済で余分に接種してしまった、なんてこともあります。
必ず母子健康手帳等で予防接種歴を確認し、まだお済みでなければ早めに予防接種を受けましょう。

お問合せ先

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健医療課内 予防接種相談窓口
電話番号: 052‐972‐3969
ファックス番号: 052‐972‐4154
電子メールアドレス: a2631@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ