ページの先頭です

センターから譲渡するすべての動物にマイクロチップを装着します。

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2011年2月28日

ページの概要:平成21年4月から愛護センターから譲渡する動物には、飼主の負担でマイクロチップを装着することが義務づけられました。

当センターから譲渡する動物には、飼主さんの負担でマイクロチップを装着していただくことが義務付けられました。

 「動物の愛護及び管理に関する法律」では、犬や猫などの動物の飼主は、自分の所有であることを明らかにするために、名札やマイクロチップの装着等(所有明示措置)を行うべき旨が定められています。


しかしながら、当センターには迷い犬や負傷した猫などが収容されますが、このような所有明示措置が行われていないため、多くは飼主がみつからないままになっています。


そこで、名札等と併せて、マイクロチップによる所有明示措置を普及するために、平成21年4月から、当センターから譲渡する動物には、飼主さんの負担でマイクロチップを装着していただくことが義務付けられました.

これに伴い、犬猫の譲渡手続きに必要な費用が次のようにかわります。

1 犬の譲渡手続きに必要な費用

9,700円

内訳

  1. 狂犬病予防注射料、犬の登録・狂犬病予防注射済票交付手数料 6300円
  2. マイクロチップ装着費用 3400円

※動物ID普及推進会議(AIPO)への登録料として、別途1000円必要です。

2 猫の譲渡に必要な費用

3,400円(マイクロチップ装着費用)

※動物ID普及推進会議(AIPO)への登録料として、別途1000円必要です。

このページの作成担当

健康福祉局 動物愛護センター企画管理係

電話番号

:052-762-0380

ファックス番号

:052-762-0423

電子メールアドレス

a7620380-01@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ