ページの先頭です

公表基準に基づく医療事故の包括的公表

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2005年4月4日

ページの概要:公表基準に基づく医療事故の包括的公表について

 名古屋市厚生院では、医療事故の内容と再発防止策を公表することにより、病院運営の透明性を高め、患者さん・市民の皆さんの知る権利に応えるとともに、医療への信頼性を高めることができ、また、他の医療機関への情報提供にもなることから、名古屋市立病院及び名古屋市厚生院医療事故等公表基準を策定し、平成15年6月16日より運用を開始しています。
 医療事故の統計的資料は、平成15年度から厚生院ホームページ上にて公開しておりますが、同基準に基づき包括的に公表する医療事故について、その概略及び再発防止策をまとめ以下のとおり公表いたします。
 医療過誤により、患者さんを死に至らしめたり身体へ大きな影響を与えたりした場合には、患者さんやご家族の方の同意を得た上で原則公表することとしております。包括的に公表いたします医療事故は、公表基準にあるように、身体への影響はほとんどないか、あっても後遺症を残さなかった事例です。しかし、障害の発生や生命への影響がなかったとはいえ、このような事故が患者さんに不安を与えたことを大変遺憾に思います。今後とも再発防止に向けて職員全体で一丸となって取り組み、医療の質の向上に努めてまいります。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

健康福祉局厚生院管理課庶務係

電話番号

:052-704-5462

ファックス番号

:052-704-2780

電子メールアドレス

a7045463-01@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ