ページの先頭です

犬鑑札・注射済票の形が変わりました

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2010年3月25日

ページの概要:名古屋市の犬の鑑札の形が平成21年10月1日申請分から変わりました。平成22年度から注射済票の形も変わりました。

 飼犬の登録の際に保健所から交付される犬の鑑札の様式が変更になりました。紛失等で飼犬に鑑札をつけていない方は、新しいデザインの鑑札をつけましょう。

今までの鑑札の写真と新しい鑑札の写真

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

新しい犬鑑札について

特徴

これまでのものより一回り小さく、犬をモチーフにしたかわいらしい形です。黄銅製で、犬の顔や文字が浮き彫りになっています。

交付開始

平成21年10月1日申請分から。

交付場所

犬の所在する区の保健所生活環境課で、登録もしくは再交付申請時に受けられます。

各区役所・保健所の組織と電話番号等

交付手数料

新規登録される場合

3000円

旧鑑札の紛失等で新鑑札の再交付を希望される場合

1600円

注射済票の形が変わりました

年1回の狂犬病予防注射を受けたことの証明である注射済票は、平成22年度交付分から様式が変更になりました。

新しい注射済票とこれまでの注射済票の絵

新しい注射済票は、鑑札の裏面に貼り付けるシールタイプになります。

鑑札の裏面に注射済票を貼っているところ

今までの鑑札の裏面にも貼り付けることができます。

今までの鑑札に新しい注射済票を貼った写真

このページの作成担当

健康福祉局健康部食品衛生課獣医務係

電話番号

:052-972-2649

ファックス番号

:052-955-6225

電子メールアドレス

a2649@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ