ページの先頭です

第38回生物多様性カフェ「藤前干潟の生きもの今昔」

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年1月17日

参加者募集中!(締切:平成31年1月31日)

生物多様性カフェは話題提供者と参加者が気軽に生物多様性について語り合うトークライブです。
ちらし画像

生物多様性カフェ ちらし

ちらしの拡大画像はこちらをご覧ください

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

話題提供者

  • (株)ニック環境システム     寺野ひろ実さん (藻類)
  • NPO法人 藤前干潟を守る会 梅村幸稔(ゆきとし)さん (底生生物)
  • 名古屋市野鳥観察館       野村朋子さん (鳥類・ファシリテート)

内容

名古屋の南西部、庄内川の河口に広がる生きものたちの楽園「藤前干潟」。そこはかつて、ごみ埋立処分場の予定地とされていました。しかし、市民の皆さんの「干潟を守りたい」という声によって計画は撤回され「ごみ非常事態宣言」(平成11年2月)とともに保全に向けた取り組みがスタート。今ではラムサール条約にも登録され自然体験や生きもの観察の場として市民の皆さんに親しまれています。
ところで藤前干潟には、どのような生きものが生息しているかご存知ですか?

そこで今回は、藻類、底生生物、鳥類など多様な生きものを紹介するとともに、この20年間における生息状況の変化などについてお話ししたいと思います。

日時

平成31年2月16日(土曜日) 午後2時半から4時半(開場2時)

会場

みなとアクルス エネルギーセンター

港区港明二丁目3番1号

(地下鉄名港線「港区役所」駅2番出口から徒歩5分)

定員

40名 (応募多数の場合は抽選)

参加費

無料

申込方法

次のいずれかでお申し込みください

  • イベント名、氏名、郵便番号・住所、電話番号を記入のうえ、電子メール、ファックスまたはハガキにてお申し込みください。
  • 電子申請サービス(外部リンク)別ウィンドウからもお申し込みいただけます。

締切

1月31日(木曜日)必着 (締切後に参加の可否についてご連絡します)

申込・問合先

名古屋市環境局「なごや生物多様性センター」

〒468-0066  名古屋市天白区元八事五丁目230番地

電話・ファックス・電子メールは、ページ下部の「このページの作成担当」と同じです。

その他

生物多様性カフェは「なごやエコラボポイント」の対象事業です。

このページの作成担当

環境局環境企画部環境企画課生物多様性の保全担当

電話番号

:052-831-8104

ファックス番号

:052-839-1695

電子メールアドレス

bdnagoya@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ