ページの先頭です

平成30年度 調査研究発表会を開催します。

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年1月10日

平成30年度 調査研究発表会を開催します。

 平成30年度 調査研究発表会を開催します。

 この発表会は、環境科学調査センターの研究員等が名古屋市内の環境に関する調査・研究の成果を発表するものです。事前申し込みが必要で、参加費は無料です。

日時

 平成31年2月8日(金曜日) 午後1時45分から午後4時45分まで

開催場所

 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA(東区東桜一丁目13番2号)

定員

 先着100名

プログラム

地点別のPM2.5成分変化から推定される高濃度要因

 PM2.5が高濃度になる原因は複雑です。今回は、特徴的な高濃度現象について、離れた測定地点のPM2.5成分濃度を比較して推定された原因を報告します。

名古屋市における有害大気汚染物質濃度の20年間の経年変化

 当センターでは、有害大気汚染物質について試料採取を行い、その濃度を測定しています。測定開始から20年間の経年変化について報告します。

水生生物を用いた排水試験方法による名古屋市内排水の調査

 水生生物を用いて排水の環境影響を評価する試験法が注目されています。その試験法を用いて、市内の事業場排水の試験を行いましたので、その結果を報告します。

植物プランクトンから見た中川運河の水質

 中川運河において実施した多項目水質計による連続測定の結果から、植物プランクトンが水質に与える影響やその種類などを報告します。

道路交通騒音対策について-低騒音舗装および遮音壁の効果-

 市内において、道路交通騒音対策として実施されている低騒音舗装の施工による騒音低減効果の経年変化と、遮音壁の設置による騒音低減効果について、その調査結果を報告します。

申込方法

発表会の参加には事前申し込みが必要です。下記の必要事項を明記のうえ、電話・ファックス・電子メールのいずれかの方法でお申し込みください。

1. 行事名「調査研究発表会 参加申込」,2. 代表者のお名前,3. 代表者の郵便番号・住所,4. 代表者の電話番号 または 電子メールアドレス,5. 申込人数,6. 企業名・ご所属 (連絡先が企業の場合のみ)

 発表会にご参加いただく方には事前に入場整理券をお送りします。当日、忘れずにご持参ください。また、定員に達した後にファックス・電子メールで申し込まれた方は、別途、受付終了のご案内をさせていただきます。

 受付開始は平成31年1月11日(金曜日)からになります。

調査研究発表会 チラシ


平成30年度調査研究発表会チラシ

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

環境局地域環境対策部環境科学調査センター企画管理係

電話番号

:052-692-8481

ファックス番号

:052-692-8483

電子メールアドレス

a6928481@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ