ページの先頭です

シンポジウム「海のプラスチックごみと食品ロス-ごみ減量とは・・・いのちを思いやる想像力-」を開催します

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年11月8日

シンポジウム「海のプラスチックごみと食品ロス-ごみ減量とは・・・いのちを思いやる想像力-」を開催します

新たな環境問題となっている「海に漂うプラスチックの脅威」について、高田秀重教授による特別講演とあわせ、レジ袋削減や食品ロスに取り組んできた2R推進実行委員会と名古屋市立大学の学生たちを中心に、未来の環境について公開討論を行います。

日時

平成30年12月8日(土曜日) 午後1時30分から午後4時30分(開場は午後1時)

場所

名古屋市立大学さくら講堂(瑞穂区瑞穂町字川澄1 名古屋市立大学桜山(川澄)キャンパス)

アクセス

地下鉄桜通線「桜山駅」3番出口より徒歩3分

金山駅 金山7番のりばより金山12「市立大学病院」下車

金山駅 金山8番のりばより金山14(桜山経由)「市立大学病院」下車

内容

プロローグ

藤前干潟を守るきっかけとなった思い

「辻淳夫氏インタビュー」

特別講演

「海に漂うプラスチックの脅威」

講師:東京農工大学教授 高田 秀重 氏

若者からの提案

「The World is Blue」披露

名古屋市立大学アカペラサークル Andante

2R推進実行委員会における取り組み

「レジ袋等の削減効果と課題」「食品ロスの現状について」

2R推進実行委員会 委員長 東 珠実

公開討論会

「若者が大人へ問う『未来の環境をどう考える?』」

コーディネーター:名古屋市立大学教授 伊藤 恭彦 氏

パネリスト:名古屋市立大学伊藤ゼミ、2R推進実行委員会

定員

先着300名

参加費

無料

申込

氏名(グループで申込する場合は参加する方全員の氏名)、連絡先を明示の上、下のお問い合わせ先に記載された電子メール・ファックスにて応募

お問い合わせ先

名古屋市環境局ごみ減量部減量推進室

〒460‐8508

名古屋市中区三の丸三丁目1番1号

電話番号:052‐972‐2398

ファックス番号:052‐972‐4133

電子メールアドレス:a2378@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

シンポジウム「海のプラスチックごみと食品ロス-ごみ減量とは・・・いのちを思いやる想像力-」チラシ

以下のシンポジウム「海のプラスチックごみと食品ロス-ごみ減量とは・・・いのちを思いやる想像力-」チラシのファイルは、本ページ記載の内容をまとめたチラシで、テキスト情報のない画像データです。印刷用としてご活用ください。

シンポジウム「海のプラスチックごみと食品ロス-ごみ減量とは・・・いのちを思いやる想像力-」チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

環境局ごみ減量部減量推進室減量企画担当

電話番号

:052-972-2398

ファックス番号

:052-972-4133

電子メールアドレス

a2378@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ