ページの先頭です

なごや生物多様性センターのイベント情報

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年10月1日

ページの概要:このページでは、なごや生物多様性センターが主催する体験講座・講演会等を紹介します。

参加募集中のイベント

第5回なごや生物多様性センターまつり・ユースひろばを開催します

生きものとの触れ合いや標本の観察、講演、ワークショップなど、子どもから大人まで「生きものどうしがつながりあって生きていることの大切さ」について楽しく学べるイベントを開催します。

また、生物多様性ユースひろばでは、中学・高校の生物部等の生徒が日ごろの活動の成果を発表するほか、本市と湿地提携を結ぶオーストラリア・ジロング市へ派遣された中学生による発表も行われます。

日時:平成30年10月27日(土曜日)午前10時から午後3時

場所:なごや生物多様性センター

案内チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

平成30年度イベント報告

第35回生物多様性カフェ 「伊勢・三河湾の漁業-多様な漁場・漁法・産物-」

日時:7月29日(日曜日)午前10時から12時まで

場所:なごや生物多様性センター

テーマ:「伊勢・三河湾の漁業-多様な漁場・漁法・産物-」

話題提供者:愛知県水産試験場 漁業生産研究所の黒田伸郎さん

参加人数:43人

第35回生物多様性カフェの様子

第35回生物多様性カフェの様子

希少種シンポジウム2018「なごやの生きものの今」

名古屋市では、レッドリスト改訂のための調査・検討作業を平成29年度から行っています。

その調査内容や調査を通じて明らかになったなごやの生きものの「今」を報告しました。

日時:平成30年5月27日(日曜日)午後2時から午後4時30分まで

場所:名城大学天白キャンパス 

参加人数:94人

報告内容

  • 野呂 達哉(金城学院大学非常勤講師):「初確認が続く名古屋のコウモリ類と超音波録音によるコウモリ調査の可能性」
  • 谷口 義則(名城大学准教授):「川に放流されたコイは水生生物に影響を及ぼすか?」
  • 川瀬 基弘(東海化石研究会会員):「みえてきた名古屋の希少淡水貝の❝ホットスポット❞」
  • 村松 正雄(愛知植物の会会員):「名古屋市内には、どんな植物があるの?」
報告会の様子

平成29年度イベント報告

第34回生物多様性カフェ「爬虫類(はちゅうるい)のはなし:進化、生態、寿命」

日時:3月10日(土曜日)午後2時から午後3時30分まで

場所:なごや生物多様性センター

テーマ:「爬虫類(はちゅうるい)のはなし:進化、生態、寿命」

話題提供者:名古屋市立大学 熊沢 慶伯さん

参加人数:41人

第34回カフェの様子

第33回生物多様性カフェ「ニホンザルをめぐる外来種問題」

日時:1月13日(土曜日)午後2時から午後3時30分まで

場所:なごや生物多様性センター

テーマ:「ニホンザルをめぐる外来種問題」

話題提供者:京都大学 川本 芳さん

参加人数:27人


第33回カフェの様子

第32回生物多様性カフェ「遺伝子からみた生物多様性」

日時:11月18日(土曜日)午後2時から午後3時30分まで

場所:なごや生物多様性センター

テーマ:「遺伝子からみた生物多様性」

話題提供者:中部大学 森山 昭彦さん

参加人数:24人


第32回カフェの様子

第4回なごや生物多様性センターまつり・ユースひろば

日時:10月28日(土曜日)午前10時から午後3時まで

場所:なごや生物多様性センター

参加人数:1,200人

平成29年10月28日(土曜日)に、生きものや環境について、子どもから大人まで楽しみながら学べる「第4回なごや生物多様性センターまつり」と、高校の生物部などの学生たちが集まり、活動の成果を発表する「生物多様性ユースひろば」を開催しました。

祭りの様子

第31回生物多様性カフェ「生物と文化の多様性」

日時:8月27日(日曜日)午後2時から午後3時30分まで

場所:なごや生物多様性センター

テーマ:「生物と文化の多様性」」

話題提供者:山口大学 中尾 央さん

参加人数:24人

第31回カフェの様子

第30回生物多様性カフェ「コケ(地衣類)が人類を救う?」

日時:6月3日(土曜日)午後2時から午後3時30分まで

場所:なごや生物多様性センター

テーマ:「コケ(地衣類)が人類を救う?」」

話題提供者:地域環境計画 松川 直寛さん

参加人数:48人

平成29年6月3日(土曜日)に第30回生物多様性カフェを開催し、「コケ(地衣類)が人類を救う?」というテーマで地域環境計画の松川 直寛さんにお話していただきました。

第31回カフェの様子

このページの作成担当

環境局環境企画部環境企画課生物多様性の保全担当

電話番号

:052-831-8104

ファックス番号

:052-839-1695

電子メールアドレス

bdnagoya@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

ページの先頭へ