ページの先頭です

啓発事業について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年11月15日

啓発事業とは?

平成27年3月に策定された「水の環復活2050なごや戦略第2期実行計画」では、多くの市民・事業者が水循環の問題について理解し、水の環復活を意識した行動を実践していることを目指しています。そこで、湧き水を活用し、水循環の大切さを普及啓発するための「啓発事業」を進めています。

人間と自然が力を合わせて水の環復活を目指しているイラストです。

鶴舞中央図書館(都心部)での取り組み

鶴舞中央図書館地下1階には、いくつもの湧き水があります。水量が一番多い湧き水は、1分間に100ℓ以上(変動あり)と豊富で、水質も良好です。そこで、市民の皆さまが安全、快適に湧き水をご覧いただけるよう、平成30年3月に見学施設を整備しました。

湧き水の愛称

地元鶴舞小学校児童に愛称を募集した結果、「つるのめぐみ」と命名されました。

リーフレット「水をめぐる旅 鶴舞公園」

鶴舞公園の歴史や地質、水にまつわる話をまとめたリーフレットです。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

湧き水の様子

湧き水下流部の様子です。

通常時でもご覧いただける地下1階中庭ドライエリアの湧き水の様子です。

湧き水の湧き出し口の様子です。

普段は立ち入ることができない場所にある、湧き出し口の様子です。

見学等に関するお問い合わせ

湧き水の多くは、普段は立ち入ることができない場所に湧き出しています。
公開日は広報なごや等でお知らせしますが、それ以外に団体でご見学等を希望される方は、事前に環境局地域環境対策課水質地盤係までご連絡ください。

※湧き水の様子をgoogleストリートビュー(外部リンク)別ウィンドウで見ることができます。

猪高緑地(郊外)での取り組み

猪高緑地は、起伏に富んだ雑木林、散策路の他、湿地、ため池などの水辺が多く、棚田やビオトープでは、湧き水が利活用されています。本事業では、水環境豊かな猪高緑地をフィールドとして環境学習等を行い、水循環の大切さを啓発していきます。

猪高緑地の棚田の様子です。

猪高緑地内にある棚田の広場の様子です。
地元の市民グループが水の出入り管理や草刈りを行い、田植えや刈り取りは市民参加で行っています。

猪高緑地の水の環ガイドマップ

猪高緑地の水循環について説明するガイドマップを作成しました。

※添付ファイルのサイズが大きいため、表示するまでに時間がかかる場合があります。ご注意ください。

このページの作成担当

環境局地域環境対策部地域環境対策課水質地盤係

電話番号

:052-972-2675

ファックス番号

:052-972-4155

電子メールアドレス

a2675@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ