ページの先頭です

なごや生物多様性センターでの太陽光発電

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年2月3日

ページの概要:なごや生物多様性センター太陽光発電設備が平成26年2月1日に発電開始

なごや生物多様性センター太陽光発電設備の発電開始

事業内容

なごや生物多様性センターにリース方式により、太陽光発電設備を設置し、発電した電気を全量売電します。

事業期間

平成26年2月1日から平成46年1月31日までの20年間

所在地

名古屋市天白区元八事五丁目230番地

なごや生物多様性センター太陽光発電設備

なごや生物多様性センターの太陽光発電設備

設備規模

56.84kW(キロワット)

(太陽光パネル1枚あたり245W 232枚設置)

推定年間発電量

6万5,022kWh(キロワットアワー)

※約17世帯分の年間電力量

リース料

4,095万円(20年間)

推定売電金額

4,680万円(20年間) 推定売電量124万kWh(キロワットアワー)

その他

災害など停電時において、太陽光で発電した電気を非常用電源として活用

パンフレット

なごや生物多様性センター太陽光発電設備のパンフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

環境局環境企画部低炭素都市推進課再生可能エネルギー担当

電話番号

:052-972-2681

ファックス番号

:052-972-4134

電子メールアドレス

saiene@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

市施設への太陽光発電の導入に戻る

なごや生物多様性センターでの太陽光発電の別ルート

ページの先頭へ