ページの先頭です

市民の健康と安全を確保する環境の保全に関する条例の一部改正について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年3月8日

ページの概要:市民の健康と安全を確保する環境の保全に関する条例が一部改正されますので、内容をお知らせいたします。

井戸設備に係る揚水量等の測定及び報告についての規定を追加しました(平成24年4月1日施行)

井戸設備(揚水ポンプの吐出口断面積が6平方センチメートル以下の設備)の増加に伴う地盤沈下等のリスク管理のため、井戸設備の揚水量(くみ上げた地下水の量)及び地下水位の実績を把握する必要があることから、市民の健康と安全を確保する環境の保全に関する条例の一部を改正し、井戸設備を設置する事業者に対して、揚水量及び地下水位の測定、報告を義務づけました。

井戸設備を設置する事業者の責務

  • 井戸設備による毎月の揚水量を測定してください。
  • 井戸設備の地下水位を毎月1回以上測定してください。
  • 揚水量等測定記録表(第25号様式)により、測定結果を記録し、3年間保管してください。
  • 揚水量等報告書(第26号様式)により、前年度1年間の測定結果を、毎年4月に、井戸設備を設置する区を管轄する公害対策担当へ提出してください。

揚水量等測定記録表(第25号様式)、揚水量等報告書(第26号様式)については、以下のリンクをご参照ください。

地下水・揚水量関係 届出様式 

このページの作成担当

環境局地域環境対策部地域環境対策課水質地盤係

電話番号

:052-972-2675

ファックス番号

:052-972-4155

電子メールアドレス

a2675@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ