ページの先頭です

平成23年度のかんきょう実験スクール開催結果

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年3月12日

ページの概要:平成23年度に開催したかんきょう実験スクールの結果です。

平成23年度かんきょう実験スクールの開催結果について

8月1日から5日、環境科学研究所では身近なものや生き物を通して、《かんきょう》を体験していただく取組みとして、小学3年生から6年生を対象とした「かんきょう実験スクール」を行いました。

ご来場いただき誠にありがとうございました。

かんきょう実験スクールの様子公害保健福祉リハビリテーション事業

かんきょう実験スクールの様子

かんきょう実験スクール チラシ

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

8月1日(月曜日) 生き物と水質のつながりをみよう

講座中に登場する生き物の様子

水中の酸素濃度が、昆虫や水草によってどのように変わるかを実験を通して学びました。

8月2日(火曜日) 身近な水の性質を学ぼう -pHを理解して虹を作ろう-

pH検査キット利用の様子公害保健福祉リハビリテーション事業

試薬を用いて様々な水溶液の性質を調べました。最後は試薬の色の変化の違いを利用した7色の虹作りをしました。

また、同時に施設内の見学会を行いました。

施設内見学の様子公害保健福祉リハビリテーション事業

施設内見学の様子

8月4日(木曜日) 見えないものを見る -空気の汚れや温度を見てみよう-

サーモグラフィーカメラで撮影した様子公害保健福祉リハビリテーション事業

におい・温度・二酸化炭素濃度・放射線など様々な角度から大気中に含まれる物質について学び、簡単な実験を通して空気の汚れについて学びました。

8月5日(金曜日) 糸電話で音のつたわり方を体験しよう

実験中に登場する糸電話公害保健福祉リハビリテーション事業

糸電話を使い、簡単な実験を行いました。
また、日常にどのような騒音が溢れているかを騒音計を用いて計りました。

糸電話で音のつたわり方を体験しよう

毎年8月に小学生向けの実験講座を行っています。

このページの作成担当

環境局地域環境対策部環境科学調査センター企画管理係

電話番号

:052-692-8481

ファックス番号

:052-692-8483

電子メールアドレス

a6928481@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ