ページの先頭です

名古屋応援事業(愛称:名古屋なんて、だいすき事業)について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年5月15日
名古屋応援事業のロゴマーク

名古屋応援事業のロゴマークです。

概要

名古屋は、歴史や文化、まちづくり・ものづくり、デザイン・環境、なごやめしなど、たくさんの魅力にあふれたまちであり、スポーツ、ポップカルチャーも今後は名古屋の都市イメージを構成する新しい魅力となっていきます。

名古屋の魅力を市内外にもっとアピールし、市民の皆様が「名古屋っていいな」「名古屋をぜひオススメしたい」(市民が誇りに思えるまち)と思えるような事業や、市外の方が「名古屋に行ってみたい」(魅力と活力にあふれ、行きたくなるまち)と思えるような事業を募集し、これまでに皆様から応募いただいた下記のような活動(事業)を、名古屋応援事業(愛称:名古屋なんて、だいすき事業)として承認してきました。

詳細につきましては、観光文化交流局観光交流部観光推進課観光企画係までお問い合わせください。

令和2年度応援事業実績

名古屋を歩いて魅力体験 着物で体験 名古屋の街(大須・名古屋城散策)

実施期間:令和2年4月13日から令和3年3月31日
事業主体:株式会社和装カジウラ

訪名された外国人に、名古屋の観光地のひとつ「大須」で着物体験をしていただき、日本の文化にふれていただく。着付け後は、所作や歩き方、着物姿での写真のポーズ作りをお伝えする。
(名古屋を歩いて魅力体験 着物で体験 名古屋の街(大須・名古屋城散策)のページはこちら)(外部リンク)別ウィンドウ

あつた朔日市

実施期間:令和2年4月1日から令和3年3月31日(※元旦以外の毎月1日定例的に実施予定)
事業主体:あつた宮宿会

熱田神宮での「朔日参り」の習慣を、多くの名古屋・熱田の方々に知っていただき、習慣化していただけるように、熱田の老舗企業や大学、NPO団体などの参加による「熱田文化(食や芸能)でのおもてなし」を熱田神宮境内参道または秋葉山圓通寺にて実施する。地元にまつわる紙芝居の上映や地元老舗企業により共同開発した限定商品「あつた宮餅」(※あつた宮餅は月替わりで一部内容が変わる。)も限定販売する。
(あつた朔日市のページはこちら)(外部リンク)別ウィンドウ

令和元年度までの応援事業実績

このページの作成担当

観光文化交流局観光交流部観光推進課観光企画係

電話番号

:052-972-2425

ファックス番号

:052-972-4200

電子メールアドレス

a2425@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ