ページの先頭です

名古屋城本丸御殿障壁画重要文化財「梅竹雀図」「花卉図」を特別展示します

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年5月13日

ページの概要:令和元年5月24日から6月10日の重要文化財障壁画「梅竹雀図」「花卉図」特別展示について紹介します。焼失前の本丸御殿の雰囲気を感じていただける、またとない機会です。ぜひご覧ください。

重要文化財障壁画「梅竹雀図」「花卉図」の特別展示について

名古屋城本丸御殿に、重要文化財障壁画「梅竹雀図」「花卉図」を特別展示いたします。
今回は、上御膳所御上段・上之間境の襖4枚(障壁画8面)全てを、焼失前の本丸御殿と同じ場所にはめ込んで展示することによって、往時の様子を再現します。

展示期間

令和元年5月24日(金曜日)から6月10日(月曜日)まで

展示場所

名古屋城本丸御殿 上御膳所 御上段・上之間境

展示物

国指定重要文化財「梅竹雀図」「花卉図」

江戸時代初期(慶長期)に狩野派の絵師によって描かれ、戦災の難を免れた、国指定重要文化財の名古屋城本丸御殿障壁画。このたび展示される「梅竹雀図」「花卉図」は、寛永11年(1634年)に三代将軍家光が上洛する際に増築された上御膳所の障壁画です。上御膳所は、料理の配膳・温め直しをするための建物で、御上段は将軍用の料理膳を置く専用の部屋であったと考えられます。この障壁画は御上段・上之間を仕切る襖に描かれました。梅・ツツジ・タチアオイなど、春から夏にかけての花が、雀とともに淡い色彩で表されています。

上御膳所上之間北側襖絵4面「梅竹雀図」の写真

上御膳所上之間北側襖絵4面「梅竹雀図」

上御膳所御上段南側襖絵4面「花卉図」の写真

上御膳所御上段南側襖絵4面「花卉図」

「特別展示 広報用ちらし」のファイルについてはテキスト情報のない画像データになります。内容を確認したい場合は名古屋城総合事務所保存整備室(電話番号052-231-2488)までお問い合わせください。

特別展示 広報用ちらし

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

観光文化交流局 名古屋城総合事務所 保存整備室
電話番号: 052-231-2488
ファックス番号: 052-201-3646
電子メールアドレス: a2311700@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ