ページの先頭です

平成29年度「名古屋市多文化共生推進月間講演会」を開催しました

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年4月11日

8月は名古屋市多文化共生推進月間です

名古屋市では、「第2次名古屋市多文化共生推進プラン」にもとづき、毎年8月を「多文化共生推進月間」とし、多文化共生に関する理解の促進や日本人市民と外国人市民との交流の推進を目的として普及啓発活動を集中的に行っています。

平成29年度 名古屋市多文化共生推進月間講演会

テーマ

外国人の子ども 社会で「見えない」子どもたち

目的

市内には、8,856人の外国人の子どもたちが住んでいます(平成28年末現在の18歳以下人口)。

この子どもたちは複数の文化を受け継いで成長することで、新しい価値をつくりだす可能性をもっています。そのためには「言葉の壁」をはじめとする様々な壁を乗り越えていく必要があります。

外国人の子どもたちの現状を理解し、地域と行政が取り組むべき課題について考えることを目的として講演会を開催しました。

開催日時

平成29年8月22日火曜日 午後2時から午後4時30分

開催会場

名古屋国際センター 別棟ホール

講師

  • 愛知淑徳大学交流文化学部 小島祥美准教授
  • ギリ・アスミタさん
  • 陳柏森さん
  • 立川フェルナンダさん
  • 公益財団法人名古屋YWCA 上村桂恵子さん

参加者数

141名

内容

1 名古屋市の現状報告

本市の現状と取り組みについて報告をしました。

(報告者:名古屋市観光文化交流局観光交流部主幹 青木直人)

市からの報告の写真です。

2 基調講演「外国人の子ども - 社会で『見えない』子どもたち - 」

外国人を取り巻く課題について講演をいただきました。

(講師:愛知淑徳大学交流文化学部 小島祥美准教授)

小島教授の写真です。

3 名古屋で育った外国につながる若者の体験談

外国につながる若者3名より体験談を語っていただきました。

(発表者:ギリ・アスミタさん、陳柏森さん、立川フェルナンダさん)

  • ギリさんの写真です。
  • 陳さんの写真です。
  • 立川さんの写真です。

4 パネルトーク「外国人の子どもの可能性を伸ばすために」

・外国人の子どもの支援に携わる団体よりご報告をいただきました。

(報告者:公益財団法人名古屋YWCA 上村桂恵子さん)

・パネルトーク登壇者が会場からの質問に応答いたしました。

(パネリスト:小島祥美准教授、ギリ・アスミタさん、陳柏森さん、立川フェルナンダさん、公益財団法人名古屋国際センター 加藤理絵さん、進行:観光文化交流局観光交流部国際交流課 鈴木淳)

  • 上村さんの写真です。
  • パネリストの写真です。

平成29年度多文化共生推進月間講演会講演録

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

名古屋市多文化共生推進月間講演会ちらし

講演会ちらしの画像です。

このページの作成担当

観光文化交流局観光交流部国際交流課推進係

電話番号

:052-972-3062

ファックス番号

:052-972-4200

電子メールアドレス

a3061@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ