ページの先頭です

平成27年度 第1回 名古屋市外国人市民懇談会の開催結果

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年10月23日

名古屋市の多文化共生施策について、外国人市民からのご意見をいただくため、懇談会を開催しましたので、概要をお知らせします。

平成27年度第1回名古屋市外国人市民懇談会

開催日時・場所

平成27年7月30日(木曜日) 午後2時から午後4時

名古屋市公館特別会議室

参加者

  • 朱 燕華(しゅ えんか)さん:中国
  • 朱 敏(しゅ びん)さん:中国
  • 薛 偉耀(せつ いよう)さん:中国
  • 玉城 エリカさん:ペルー
  • PICCIONI  Alessandro(ピッチョーニ アレッサンドロ)さん:イタリア
  • BODNAR  Peter(ボドナール ペーテル)さん:ハンガリー
  • ホブスジョナサン ピーさん:アメリカ
外国人市民懇談会

議題1:外国人向けごみ・資源の出し方についての情報発信手段などの問題点と改善点

  • 分別ガイドで大体のことは分かるが、洗剤の紙容器にプラスティックの取っ手がついているものや、プラスティックと金属が使われているおもちゃを何ごみに出したら良いのかなど、細かいことが分からない。
  • オリエンテーションで、ごみ袋やごみの実物を使って説明してくれるとよく理解できる。
  • 分別検索できるアプリの外国語版は良いアイディアだと思う。

議題2:名古屋での生活で不便を感じていることとその対処法

  • 留学生向けの就職セミナーはあるが、一般の外国人向けセミナーが少ない。対象を広げて一般の外国人向けの就職支援を拡充してほしい。
  • 日本語の勉強のために、名古屋国際センターまで1時間かけて通っていたが、家の近くに日本語教室があればもっと勉強できる。
  • 3年前に日本に来た際に区役所に行ったが、「通訳の人と一緒に来てください」と言われた。日本に来て間もないため、知り合いがおらず、奥さんも正社員で働いていて付き添えなかったため、行けなかった。
  • 名古屋はとても便利で暮らしやすいが、あえて問題点を挙げるとすれば、文化の違いから友人が苦労したことがある。ベジタリアンに対して日本ではあまり概念がなく、注文したものにラードや鶏肉が入っていたことがあり、自分で確認しないといけなかったことが大変だった。

参加者からの感想、今後の意気込み

外国人市民懇談会のメンバーのホブスジョナサン ピーさん(アメリカ)から、懇談会に参加しての感想や、今後の意気込みなどをいただきました。

外国人市民懇談会メンバーからの意見、今後の意気込み

名古屋市外国人市民懇談会ニュースNo.1

平成27年度第1回外国人市民懇談会議事録

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

観光文化交流局観光交流部国際交流課推進係

電話番号

:052-972-3062

ファックス番号

:052-972-4200

電子メールアドレス

a3061@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ