ページの先頭です

平成26年度 第3回 名古屋市外国人市民懇談会の開催結果

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年5月13日

名古屋市の多文化共生施策について、外国人市民からのご意見をいただくため、懇談会を開催しましたので、概要をお知らせします。

開催日時・場所

平成27年2月10日(火曜日) 午後2時から午後4時

名古屋市役所西庁舎第3会議室

参加者

河 海龍さん(韓国)

BISHAL GYAWALIさん(ネパール)

玉城 エリカさん(ペルー)

DAWAADORJ NYAMBAYARさん(モンゴル)

梁 文茜さん(中国)

岳 夏娃さん(中国)

エンリコ ミケレッティさん(イタリア)

グエン・ニュー・クイン・アインさん(ベトナム)

議題 「外国人向け防災啓発チラシ(仮称)の作成」についてなど

第2回懇談会で出された「災害への備えについて、具体的に何をしたらよいのか分からない」という意見に対して、外国人市民に防災について知っていただくための啓発チラシ(仮称)を作成することとし、チラシの内容や表現について、意見をお聴きしました。

主な意見

  • 地震が起きた時の行動について、単純に「テーブルの下に隠れましょう」と書くだけでなく、「頭を守るために・・・」など、なぜ必要なのかを書いたほうがよい。
  • 避難所について、外国人は利用してよいか不安に思う人もいるので、「誰でも、どこの避難所でも利用できる」という趣旨の言葉があると嬉しい。
  • 「転倒防止器具」は、壁に穴を開けないといけないので、賃貸住宅では使えないと思っていたが、穴を開けなくても使える便利な器具もあることを知った。
  • 「転倒防止器具」や「飛散防止フィルム」などは、言葉として難しいが、絵がつけられているので外国人でもわかると思う。
  • 外国人が真剣に読んでくれるように、タイトルなどを工夫するとよい。

名古屋市外国人市民懇談会ニュースNo.3

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

観光文化交流局観光交流部国際交流課推進係

電話番号

:052-972-3062

ファックス番号

:052-972-4200

電子メールアドレス

a3061@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ