ページの先頭です

平成24年度 第2回 名古屋市外国人市民懇談会の開催結果

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2013年3月12日

平成24年度 第2回 名古屋市外国人市民懇談会の開催結果

名古屋市の多文化共生施策について、外国人市民からのご意見をいただくため、懇談会を開催しましたので、概要をお知らせします。

第2回名古屋市外国人市民懇談会の写真

第2回名古屋市外国人市民懇談会の様子

開催日時・場所

平成25年2月18日(月曜日) 午後4時から午後5時30分

名古屋市公館 4階 小会議室

参加者

汪 宇さん(中国)
徐 錫海さん(韓国)
ANDRES PATRICIAN PHILAMER ILADAさん(フィリピン)
氷室 妙子さん(ブラジル)
JANICE GUBBINSさん(アメリカ)
鈴木 ウナさん(カナダ)
王 晶さん(中国)

議題

名古屋生活ガイドについて

意見の概要

1 冊子の大きさについて

  • A4サイズでもA5サイズでもどちらでもいい
  • A5サイズでちょうど良い

2 レイアウト

  • 日本語の併記は、日本語も調べられるのであったほうがよい。
  • 母語と日本語のレイアウトは、1ページに母語・日本語があるより、1ページごと母語、日本語の方が良い。
  • 日本語のふりがながあった方が助かる。すべてはいらないが、大事なところにはあったほうがいい。勉強にもなる。
  • 英語版3-2-3で、印鑑登録の英語部分に「inkan」とあるのがわかりやすい。重要なところにはこういった表示を増やしてほしい。
  • 英語圏やフィリピノ語圏、日本語が読めない人にはローマ字でるびがあった方がわかりやすい。
  • 色をカラーにしたほうがわかりやすい。重要な項目は色を付けた方がよい。
  • 1つの項目をなるべく1ページに収めるほうがよい。
  • 写真やイラストを使って簡潔にするべき。
  • フォントは統一するべき。使い分けるなら2種類くらいがよい。

3 目次

  • もっと大きく、項目は細かくした方が良い。詳細がわかるホームページアドレスも載せると良い。
  • ガイドに載っている内容はすべて目次にのせてほしい。掲載してあるものでも探すことができない。
  • 目次の項目をわかりやすい表現にしてほしい。
  • 重要なものから順番に載せてほしい。
  • 分野ごとのインデックスをページの端につけたほうがわかりやすい。

4 内容

  • 内容が多すぎる。細かすぎる。ホームページに載っているので、もっとシンプルにした方が良い。
  • 必要のない情報はないが、日本に来てすぐの方には読まない内容が多い。
  • 現在の生活ガイドは行政の目線が多すぎる。
  • 詳しく知りたい時の問合せを書いておく。
  • 文章ではなく、大事なポイントをキーワードで箇条書きにしてほしい。
  • 字が少し小さい。ゴミの表の中の字や注※のところは小さすぎて読みたくなくなる。
  • 表紙をもう少し厚い紙を使った方が良い
  • 日本語のままローマ字にした方が、日本人に通じやすいし、案内をしてもらえることが多い。
     (小学校→elementary schoolではなくshougakouと書く。)
  • 競技場、スポーツ施設一覧は、インターネットで見ることができれば、掲載しなくてもよいのではないか。
  • 強盗、防犯対策については、外国に比べれば日本は平和なので、ここまで書かなくてもいいのではないか。
  • 古紙の持ち去りについて掲載する必要はあるのか。
  • 171は重要だが、こんなに長く説明する必要はあるのか。説明もわかりづらい。
  • 171だけの案内を差し込みにして、緊急時には取り外して持ち出せるようにしてはどうか。
  • 路上禁煙の場所の地図より区役所の地図が必要。
  • すぐ使えるサービスを載せてほしい。
  • あいち医療通訳システム、国際センターの相談事業、日本語が話せない外国人に対するサービスを載せてはどうか。
  • 母語学習協力員の存在などを外国人の保護者に知られるようにしてほしい。日本の教育のサービスをしっかりと周知してほしい。
  • 地震は経験したことがないひともあるので、書くべき
  • 名古屋医師会と連携して名古屋市内で英語が通じる病院リストを載せたらどうか。
  • 弁護士についても載せてほしい。
  • 国際センターのサービスは別のコンテンツを設けて重点的に掲載したほうがよい。
  • 災害時の避難セットを書いておく。
  • ゴミの出し方でゴミ袋の色を書いてほしい。写真を載せてもいい。
  • インターネットサービスの申込み、携帯電話の申込み方法等を書いてほしい。
  • 名古屋市のウェブサイトのアドレスを大きく載せるべき。
  • 離婚、死亡の時の手続きがかかれていない。ライフステージにあわせた項目にしたほうがよい。

5 配布場所

  • 外国人がたくさん集まるところに置く。
  • 目につきやすいところに置く。
  • 置いておくのではなく、窓口で直接渡すようにしなければならない。
  • PDFしたものはあるのか。
  • 日本語教室、小中学校(学校から渡してもらう)、領事館、セントレアなどにはおいてあるのか。

6 その他

  • 検索サイトで調べたら、いちばん上に出てくるようにしてほしい。
    日本語で「生活ガイド」と入れれば、すぐにでてくるが、母国語で「名古屋 生活」といれてもヒットするようにしてほしい。
  • 配布場所よりきちんと配布されているか、外国人に渡っているかを考えるべき。配布窓口と連携をしてほしい。もっと積極的に配布をしてほしい。

このページの作成担当

観光文化交流局観光交流部国際交流課推進係

電話番号

:052-972-3062

ファックス番号

:052-972-4200

電子メールアドレス

a3061@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ