ページの先頭です

観音寺多宝塔・山門

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2012年9月25日
観音寺多宝塔・山門

多宝塔の上層部は、禅宗様の様式を採り入れています。天文5年(1536)の再建で、市内最古の建物です。

写真は指定した時のもので、屋根が銅板葦になっていますが、平成13年の保存修理で以前の柿葺(こけらぶき)に戻しています。

山門の斗組(ますぐみ)は三手先(みてさき)斗組を用いた本格的なものとなっています。

創建は天平元年(729)と伝えられ、後の加賀藩主前田利家が天正4年(1576)に修造したといわれています。

荒子観音と呼ばれ尾張四観音の1つで、1200余体の円空仏を所蔵する寺としてよく知られています。

多宝塔(写真左)

所在地

中川区荒子町宮窓138番地

年代

天文5年(1536)再建

構造等

木造、三間、柿葺
重要文化財

山門(写真右)

所在地

中川区荒子町宮窓138番地

年代

大正15年(1926)再建

構造等

木造、三間一戸、入母屋造、本瓦葺

このページの作成担当

観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室保存支援係

電話番号

:052-972-2779

ファックス番号

:052-972-4128

電子メールアドレス

a2779@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ