ページの先頭です

名古屋城本丸御殿の復元

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年10月23日

ページの概要:世界的な文化遺産であり、「ものづくり名古屋」の原点とも言える名古屋城本丸御殿の復元について紹介します。

名古屋市は、「ものづくりの技、文化、自然の大切さ」を後世に伝える象徴として、本丸御殿の復元を進めています。

名古屋城本丸御殿のホームページへ(外部リンク)別ウィンドウ

本丸御殿とは

完成イメージ図

かつて名古屋城の本丸には、天守閣とともに「本丸御殿」がありました。
本丸御殿は、日本建築史・絵画史・工芸史上、最も豪壮華麗といわれる安土桃山から江戸期にかけて造営された近世城郭御殿の最高傑作で、国宝になっている京都の二条城二の丸御殿と双璧をなす建物でした。
国宝にも指定されていた世界的な文化遺産でしたが、惜しくも、終戦直前の昭和20年5月に空襲で焼失しました。
平成21年1月から本丸御殿の復元工事が始まり、平成25年5月から玄関・表書院を公開しています。平成28年6月には対面所・下御膳所を、平成30年には全体を公開する予定です。

本丸御殿 玄関・表書院 公開中

車寄・玄関の外観写真

車寄・玄関の外観

玄関一之間北側の写真

玄関一之間北側

表書院上段之間北東側の写真

表書院上段之間北東側

名古屋城周辺の地図

このページの作成担当

市民経済局 名古屋城総合事務所
電話番号: 052-231-1700
ファックス番号: 052-201-3646
電子メールアドレス: hommaru-palace@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ