ページの先頭です

「南郊運河市有地活用提案募集」の開発事業予定者を決定しました

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年12月25日

「南郊運河市有地活用提案募集」の開発事業予定者の決定について

本市所有の南郊運河について、平成24年10月に策定した「中川運河再生計画」に位置付けられる周辺との連携や回遊性向上など、緑豊かな水辺で人びとが気軽に交流できる環境の形成に向けて、民間事業者に対し事業提案募集を実施し、開発事業予定者を決定しましたのでお知らせします。

1.開発事業予定者

ZIP株式会社

2.審査結果

最優秀提案者:ZIP株式会社

審査結果・審査講評

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

3.最優秀提案の内容

提案概要

  • 施設内部の活気を外部空間に表出し、明るいにぎわい空間をまちに創出
  • 運河を連想させる人工池を設置し、中川運河・南郊運河の存在が地域史に残るよう配慮
  • 緑豊かな遊歩道、芝生広場を整備し、南郊公園の延長として気軽に立ち寄れる動線を確保

建築概要

建築概要
構造  鉄骨造(耐火)

 階数(高さ)

 地上4階建(高さ13.6m)

 建築面積 2,350.31平方メートル
 延床面積 5,274.49平方メートル
 建ぺい率 31.97%(指定建ぺい率60%)
 容積率 57.25%(指定容積率200%)
 駐車台数 168台

主な建物用途

  • 温浴施設
  • 飲食施設
  • 健康増進施設
  • 駐車場

土地売買代金額

8,970,000円

提案イメージ

西側から見た完成イメージパース

完成イメージパース(西側より)

4.審査の経緯

評価委員が提案内容等に対して総合的に評価を行い、計画審査得点及び価額審査得点の合計点で最高得点を得た最優秀提案者を開発事業予定者として本市が決定しました。

経緯

平成30年12月4日  第1回評価委員懇談会:募集要項(案)の協議等

平成30年12月25日 募集要項の公表

平成31年2月25日  応募図書等の受付終了(1者提出)

平成31年3月18日  第2回評価委員懇談会:提案内容に対する意見聴取等

平成31年4月22日  第3回評価委員懇談会:プレゼンテーション、質疑応答、最優秀提案者の決定

評価委員(敬称略、氏名五十音順)

生田 京子  名城大学理工学部建築学科 教授

小沢 良平  株式会社日本政策投資銀行東海支店企画調査課 課長

辻 のぞみ  名古屋短期大学英語コミュニケーション学科 教授

恒川 和久  名古屋大学大学院工学研究科 准教授

前川 俊一  椙山女学園大学現代マネジメント学部 教授

評価委員による最優秀提案に対する主な意見と要望

  • 最優秀提案者は、北側に隣接する温浴施設を経営する者であり、既存施設と提案施設の一体利用や、既存施設からの駐車場へのアクセスにより、中川運河側(西側)に一般開放スペースを確保できたことが、本提案が評価された大きなポイントである。こうした一般開放スペースを利用したイベント開催等により、施設利用者以外のにぎわい創出に向けた仕掛けをご検討いただきたい。
  • 中川運河沿川の新たな交流拠点として、長期にわたってにぎわいが持続するよう、既存施設を含めた一体的な魅力づくりや安定運営について、継続的にご検討いただくとともに、積極的な魅力発信に努めていただきたい。

公募概要

※募集は終了しています。

本市所有の南郊運河は、周辺護岸の老朽化が進行しているほか、ごみの浮遊や死魚による悪臭の発生など、水面の衛生・安全対策が必要な状況であるとともに、当該運河によって南郊公園と中川運河本線が分断されており、地域住民が安心して利用・交流できるような環境整備が求められている状況です。

つきましては、上記課題の解消を図るとともに、平成24年10月に策定した「中川運河再生計画」に位置付けられる周辺との連携や回遊性向上など、緑豊かな水辺で人びとが気軽に交流を楽しめる環境の形成に向けて、民間事業者に対し事業提案募集を行いました。

所在地

名古屋市中川区玉川町四丁目2番1

名古屋市中川区玉川町四丁目2番2

名古屋市港区南十一番町一丁目7番

敷地面積

7,352.95平方メートル(公募面積7,352平方メートル)

用途地域等

用途地域:工業地域

建ぺい率:60%

容積率:200%

主な募集条件

  • 憩いやにぎわいを創出し、中川運河再生計画に位置付けられる「水と緑のレクリエーションフィールド」の形成に資する施設整備を募集します。
  • 対象敷地は、開発事業者に売却するものとします。
  • 開発事業者の負担により水面の埋立て、土地造成、提案施設の整備、運営を行うものとします。
  • 南郊雨水滞水池の放流機能、南側隣接敷地の雨水排水機能を確保するための施設を開発事業者の負担により整備するものとします。
  • 土地造成の範囲は、玉川橋に影響の及ばない範囲とします。
    対象敷地は、現状有姿での引渡しとし、事業に必要な各種届出等は、開発事業者の責任で適切に行うものとします。

スケジュール

募集の開始

平成30年12月25日(火曜日)

参加表明書等の提出

応募図書等の提出にあたっては、参加表明書等の提出が必要です。

受付期間:平成30年12月25日(火曜日)から平成31年1月15日(火曜日)まで

応募図書等の提出

参加表明書等の提出を行った法人等に限り、応募図書等を提出することができます。

受付期間:平成31年1月16日(水曜日)から平成31年2月25日(月曜日)まで

開発事業予定者の決定

平成31年5月上旬

募集要項等

募集要項、様式、参考様式、関連資料のダウンロードができます。

このページの作成担当

住宅都市局都市整備部名港開発振興課中川運河担当

電話番号

:052-972-2784

ファックス番号

:052-972-4161

電子メールアドレス

a2784@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ