ページの先頭です

【まちなみデザイン20選】中川運河松重閘門

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2013年4月19日
中川運河松重閘門

応募者のコメント

かつて水面利用が盛んだった時代に、名古屋の2大運河(堀川、中川運河)を繋いだ松重閘門。役目を終えた松重閘門が今もなお、名古屋市民の方々から愛され続けている点に、非常に共感しました。夜には、ライトアップがされ、来訪者の方々にも広く親しまれています。昼には人々が憩う場、夜には人々を楽しませる場として、これからも名古屋のシンボルの役割を担っていきます。(田中雄基さん)

所在地

中川区山王一丁目

概要

昭和5年(1930)完成。高さ約20m。昭和61年(1986)名古屋市指定有形文化財、平成5年名古屋市都市景観重要工作物に指定。

このページの作成担当

住宅都市局都市計画部都市景観室調査企画係

電話番号

:052-972-2732

ファックス番号

:052-972-4485

電子メールアドレス

a2732@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ