ページの先頭です

東区は区制110周年を迎えました

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年11月7日

明治41年4月に誕生した東区は、平成30年4月に区制110周年を迎えました。
記念のロゴマークや記念イベントなどについてご紹介します。

ロゴマーク

110周年を記念して、ロゴマークを制作しました。

工芸高校デザイン科によるデザインです。

広報なごや東区版を始め、東区が発行するさまざまな印刷物に記載し、110周年をPRしています。

東区制110周年ロゴマーク

横断幕・のぼり

110周年記念の横断幕とのぼりは、工芸高校運営のデザイン事務所 KOGEI DESIGN OFFICE (こうげいデザインオフィス)のデザインで制作されました。

横断幕は区役所玄関に掲出、のぼりは玄関ロビーに設置されています。

のぼりは、区役所などで行う会議やイベントでも使用しています。

  • 区役所玄関の110周年横断幕
  • 区役所ロビーの110周年のぼり

東区制110周年記念事業「宵の山車揃え」

平成30年度東区区民まつり・ひがし福祉まつり「なごやかまつり・ひがし」と同日の10月21日(日曜日)に開催されました。

「なごやかまつり・ひがし」のページで様子をご紹介しています。


東区制110周年名城大学連携企画「宵の折り紙プロジェクト」

平成30年度東区区民まつり・ひがし福祉まつり「なごやかまつり・ひがし」と同日の10月21日(日曜日)、午後4時から5時25分まで、建中寺本堂で「宵の折り紙プロジェクト」の展示とワークショップが行われました。

当日は、区民の皆さんなどのご協力により集まった1,600個以上の紙風船が「ヒガシのチカラ」として展示されました。製作は、名城大学理工学部建築学科准教授谷田真さんです。

  • 完成したオブジェの全体の様子
  • 土台の上の紙風船の様子

土台となる東区のシンボルマークは、工芸高校建築システム科の協力で製作されました。

中央のオブジェには、名城大学鉄道研究会のご協力で鉄道が走りました。

鉄道がオブジェの中を走る様子


展示もワークショップも、大変多くの方にお越しいただきました。

誠にありがとうございました。

ワークショップの様子

「ヒガシのチカラ」とは

東区の区制110周年を祝した参加型インスタレーション(空間作品)。

「宵の折り紙プロジェクト」で地域住民がそれぞれの願いを込めて折り上げた紙風船や、「宵のカードプロジェクト」で街の風景をイメージしながら大学生たちが組み上げたカード造形を、「東区のシンボルマーク」に模した場に飾り付けました。

建中寺本堂に集約された紙風船やカード造形は、皆の思いが詰まった結晶であり、区民や大学生を繋げるコミュニティのチカラの証でもあります。

紙風船とカードで飾り付けられ完成したオブジェ

このページの作成担当

東区役所 区政部 地域力推進室 地域力推進係
電話番号: 052-934-1123
ファックス番号: 052-935-5866
電子メールアドレス: a9341123@higashi.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ