ページの先頭です

平成24年度第2回千種区区民会議の報告

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2013年4月5日

今後の区政運営に活かすため、あじさいプラン(千種区区政運営方針)2013の素案に対するご意見・ご提案をお聴きするため、千種区区民会議を開催いたしました。

日時・場所・参加者

日時:平成25年3月6日(水曜日)午後6時30分から午後8時

場所:千種区役所第3・4会議室

参加者:18人(うち一般公募:7人)、一般傍聴人:1人、事務局24人

議題

当日の議題は以下のとおりです。

議題1:高齢者支援(こあらっち安心カプセル)

議題2:子育て支援(エンゼル訪問)

議題3:地域防災力の向上(避難所運営)

議題4:その他(区政運営全般)

平成24年度第2回千種区区民会議

平成24年度第2回千種区区民会議の様子です。

会議の概要

議題1 高齢者支援(こあらっち安心カプセル)について

こあらっち安心カプセルとは、救急搬送される際に、救急隊員や医療機関などに「緊急連絡先」などの情報を的確に伝えるため、必要な情報を入れて冷蔵庫に保管するカプセルです。
議題1活動事例紹介の様子

議題1活動事例紹介の様子です。

【活動事例紹介:民生委員】

  • 高齢者の見守り訪問活動の状況
  • カプセルを導入しようとしたものの、学区全体での導入は、費用面で見送りとなった経緯
  • 実際に町内でカプセルを配布した事例や配布することによるメリット

【活動事例紹介:老人クラブ】

  • 友愛訪問の取り組みの紹介
  • 民生委員や地域の皆さんと協力した高齢者への取り組みの考え
  • 配布対象を一人暮らし高齢者だけでなく高齢者のみ世帯にも広げてはどうかとの提案

【主な意見】

  • 配布時には個人情報の取り扱いに十分配慮してほしい。
  • 老人クラブの加入率を高める取り組みを行政が行う必要がある。
  • 防災上の観点からも外出時に倒れたり、交通事故にあった際に持てるような携帯用の物をつくってほしい。
  • 一人暮らし以外の高齢者や障害者の方など希望者には柔軟に対応したほうがよい。
  • 終末期医療の中止を求める意思証明書も入れられるように検討してはどうか。
  • カプセルとステッカーの大きさが大きすぎるのではないか。
  • 日ごろから声をかけ、人が人を見守るということが一番大切であると思う。

議題2 子育て支援(エンゼル訪問)について

エンゼル訪問とは、平成9年に千種区が市内で初めて実施した、子育てに関する相談や情報提供を行う子育て支援事業です。
議題2活動紹介事例の様子

議題2活動紹介事例の様子です。

【活動事例紹介:主任児童委員】

  • エンゼル訪問が千種区から始まり、全市へ広がった経緯
  • 訪問活動で相談を受ける内容
  • 子育て中の家庭が参加する子育てサロンの様子
  • 千種区で実施している「地域子育て支援応援モデル事業」を活用した取り組み

【主な意見】

  • 「子育て支援応援モデル事業」の活用率が低いままである。お母さん同士のネットワークを活用したり、先輩ママを養成したりする方法も検討し、広報など活用率を高める努力をするべきである。
  • 子ども会の加入率が低いので、役所として加入率を高める工夫が必要である。
  • 単に訪問して相談にのるだけでなく、顧客の不満を把握し、改善につなげていく必要がある。

議題3 地域防災力の向上(避難所運営)について

議題3活動事例紹介の様子

議題3活動事例紹介の様子です。

【活動事例紹介:みつけ防災会】

  • 昨年学区で実施された「都会のサバイバルキャンプ」の紹介
  • キャンプは、3日間に渡って実施され、自助の部分に重点を置き、子どもたちが生き残るための知恵・知識・技能を修得できるような内容であることを説明

【主な意見】

  • 大規模地震に備えて、食料・水・電気などの生活インフラを確立することが大切である。
  • 古い木造家屋はかわらも重く、大きな災害になる恐れがある。住宅耐震診断・耐震改修を進めていくべきである。
  • 東海・東南海の地震が起きれば、名古屋は26,000人が死亡すると言われており、物資や水は2週間来ないのだから、市を挙げて、区を挙げて抜本的な取り組みをやらなければいけない。

議題4 その他

【主な意見】

  • 行政の役割は、学区に取り組みを押し付けるのではなく、各学区の自発的な活動を支援することである。
  • 千種区の場合、昼間人口のことも考えて、地域が活性化するにはどうしたらよいか、産業振興のようなことも盛り込んだほうがよい。
  • 予算がない時代に、税金だけでなく民間の力も借りて行うという新しい例が聞けたと思う。
  • 区民会議の回数を年2回ではなく、もっと増やしてほしい。
  • これまでのように、公職者にも出席依頼をするべきである。

当日配布した資料は、こちらをご覧下さい。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

お問い合わせ先

千種区役所企画経理室
電話番号: 052-753-1932
ファックス番号: 052-753-1924
電子メールアドレス: a7531932@chikusa.city.nagoya.lg.jp

このページの作成担当

千種区役所区政部企画経理室

電話番号

:052-753-1932

ファックス番号

:052-753-1924

電子メールアドレス

a7531932@chikusa.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ