ページの先頭です

四観音道と道標

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年4月1日

ページの概要:【千種区史跡散策路】四観音道と道標の紹介です。

四観音道と道標

四観音道(しかんのんみち)と道標
尾張四観音とは荒子・甚目寺・竜泉寺・笠寺の四つのことをいい、これらの寺に通じる道を四観音道と呼んだ。この内笠寺と竜泉寺を結ぶ道が区内を通る。この場所に明治時代に立てられたと伝えられる当時の道標が一基残っている。石柱には「南あつた かさでら 北 せと りゅうせんじ 東 やごと ひらばり 西 なごや かち川」などの字が刻まれている。

このページの作成担当

千種区役所 区政部 地域力推進室 地域力推進係
電話番号: 052-753-1825
ファックス番号: 052-753-1924
電子メールアドレス: a7531821@chikusa.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ