ページの先頭です

名古屋市立病院 保険・診療情報管理担当主査【任期付職員】の募集(平成31年4月1日採用)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年11月21日
名古屋市病院局では、診療報酬請求等の専門的な知識経験を活かして、各種専門的な医療事務の体制強化及び市立病院の経営改善を推進する強い意欲のある方を募集します。

職務内容

  1. 市立病院における診療報酬及びDPC請求、査定・再審査請求に関する業務
  2. 市立病院における施設基準届出に関する業務
  3. 市立病院における委託業者の管理及び指導に関する業務
  4. 市立病院における診療録の管理、診療データの管理・分析・統計に関する業務
  5. 市立病院における医業収支改善策の調整及び推進に関する業務
  6. 市立病院における患者対応に関する業務

採用予定日

平成31年4月1日

任用段階

係長級

身分

一般職職員

勤務地

名古屋市立東部医療センター(千種区若水一丁目2番23号)

名古屋市立西部医療センター(北区平手町1丁目1番地の1)

のいずれか

雇用期間

平成31年4月1日から平成34年3月31日まで

※勤務実績を踏まえて、採用日から5年を超えない範囲内で雇用期間を延長する場合があります。

応募資格

次の(1)から(4)までのすべての要件を満たす方

(1) 病院における医療事務の業務経験が通算して9年以上ある方(病院から医療事務を請け負う法人における診療報酬請求事務等の実務経験を含む)(経験年数は、平成30年11月1日時点で計算すること)

(2) 次のいずれかに該当する方

  1. 四病院団体協議会(一般社団法人日本医療法人協会、公益社団法人日本精神科病院協会、一般社団法人日本病院会、公益社団法人全日本病院協会)及び公益財団法人医療研修推進財団の認定する診療情報管理士資格を有する者
  2. 公益財団法人日本医療保険事務協会が実施する「診療報酬請求事務能力認定試験」又は一般財団法人日本医療教育財団が実施する「医療事務技能審査試験」に合格している者
  3. DPC対象病院において、医療事務の業務経験がある方(病院から医療事務を請け負う法人における診療報酬請求事務等の実務経験を含む)

(3) 名古屋市の一般職職員ではない方

(4) 次のいずれにも該当しない方

  • 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  • 名古屋市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

採用予定人数

各病院1名(計2名)(試験の状況により、合格者無しの場合もあります。)

申込期間

平成30年11月21日水曜日から平成30年12月14日金曜日まで

申込方法

(1) 募集申込書(専用様式)

(2) 上記「応募資格」における1の資格を有する方は、診療情報管理士の認定証の写し、2の試験に合格した方は、診療報酬請求事務能力認定試験の認定証の写し又は医療事務技能審査試験の認定合格証書の写し

(3) 業務実績書(詳細は下記「業務実績書」参照)

(4) 課題論文(詳細は下記「課題論文」参照)

各1通を名古屋市病院局総務課へ郵送(必着)又は持参してください。(ご提出いただいた募集申込書等は返却しませんので、ご了承ください。)

業務実績書

(1)記載事項

上記「応募資格」(1)の要件を満たす実績を示すもの

(2)作成方法

  • A4用紙を縦向き・横書きの形式で使用し、ページ数を記載すること(図、グラフ等を用いることも可。枚数不問。)
  • 文字はMS明朝・12フォントを用いること
  • 標題は「業務実績書」とし、次行に氏名を記載すること

(3)備考

業務実績書は、面接選考を行う際の資料として使用します。

課題論文

(1)課題

「これまであなたが病院において実施した診療報酬請求や返戻対策などの医療事務に関する実績や成果を具体的に示すとともに、これまでの経験・知識を名古屋市立病院にどのように活かしたいか述べてください。

(2)作成方法

  • A4用紙を縦向き・横書きの形式で使用し、ページ数を記載した上で、片面3枚以内とすること
  • 文字はMS明朝・12フォントを用いること
  • 標題には課題名、次行に氏名を記載すること

選考日程等

  • 書類選考[配点30点]
    (ご提出いただいた課題論文により実施します。)
  • 面接選考[配点90点]
    平成30年12月22日土曜日に実施します。
    (会場、集合時刻等は、申込期間終了後に通知します。)

結果発表等

平成31年1月中旬から下旬までに、郵送により全員に通知します。

  • 電話等による合否に関するお問い合わせにはお答えしておりません。
  • 最低合格基準点に満たず不合格となることがあります。
  • 応募資格がないことや不正があることが判明した場合には、合格を取り消すことがあります。
  • 合格者については健康診断があります。詳細については合格通知の際、お知らせします。
  • 不合格者については、事前にお問い合わせの上、受験者本人が名古屋市病院局管理部総務課(名古屋市役所内)に来庁することにより、試験結果の開示を請求することができます。開示内容は順位、得点、最低合格点数です。(最低合格点数については、開示できる場合とできない場合があります。)詳細については、下記照会先へお問い合わせください。

勤務条件(平成30年11月1日現在)

(1)給与

初任給は、学歴及び職歴に応じて決定されます。なお、大学卒業直後から継続して類似職務に従事してきたと仮定した場合の給与の月額及び年額の例は、次のとおりです。

採用時年齢35歳の場合:給与月額約36万円、給与年額約600万円

採用時年齢45歳の場合:給与月額約42万円、給与年額約710万円

  • 上記の月額は、本給に地域手当を含んだ額です。
  • 上記の年額は、期末及び奨励手当(年間4.4月分 平成29年度実績)を含んだ額です
    (1年目は在職期間に応じて一部支給となりますので、上記の額とは異なります)。 
  • 原則として、昇給は年1回
  • この他に、扶養手当、通勤手当、住居手当等の諸手当がそれぞれの支給要件に応じて支給されます。

(2)勤務時間

    原則として、月曜日から金曜日までの午前8時45分から午後5時15分まで(45分間休憩あり)

(3)休暇等

      週休2日制・年次有給休暇20日・夏期休暇5日・その他別途定めあり

(4)備考

  • 勤務条件については、平成30年11月1日現在のものであり、条例改正等により変更となる場合があります。
  • 日本国籍を有しない方で、採用日において法令により永住が認められていない方は採用されません。
  • 日本国籍を有しない方の採用後の配置・異動・昇任などは、「公権力の行使」又は「公の意思の形成への参画」に携わる公務員となるためには日本国籍が必要であるという「公務員に関する基本原則」を踏まえ、一定の制限があります。
  • 現に民間企業等に勤務している方は、現在の勤務先を平成31年3月31日までに退職していただく必要があります。また、採用後は地方公務員法の規定(守秘義務、営利企業等の従事制限等)が適用されます。

応募・照会先

郵便番号:460-8508

名古屋市中区三の丸三丁目1番1号

名古屋市病院局総務課(市役所西庁舎11階)

電話番号:052-972-2614

募集要項・専用募集申込書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

病院局管理部総務課人事係

電話番号

:052-972-2614

ファックス番号

:052-972-3381

電子メールアドレス

a2614-09@byoin.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ