ページの先頭です

東日本大震災への先遣隊活動リポート

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年3月31日

先遣隊活動リポート

調査概要

被災地域への支援内容の把握と具体的な支援に向けた事前調整のため、3月19日以降、3回にわたって調査チームを派遣し、調査を行いました。

期間(3月19日から22日) 派遣人数4人

調査先「岩手県庁」

  • 岩手県内の被害状況のヒアリング
  • 岩手県庁内の状況のヒアリング
  • 陸前高田市への保健師の派遣について打合せ
  • 今後の進め方について打合せ

調査先「宮古地域支援センター」「宮古市役所」

  • 被害状況等のヒアリング

調査先「宮古市田老地区」「山田町」「大槌町」

  • 被災地現場視察

調査先「宮古北高校」

  • 避難所現場視察
  • 運営状況等のヒアリング

期間(3月22日から25日) 派遣人数4人

調査先「岩手県庁」

  • 1億円の提供物資の回答
  • 災害対策本部への職員派遣について

調査先「大船渡保健福祉環境センター」

  • 陸前高田市への保健師の派遣について打合せ

調査先「陸前高田市」

  • 保健師の派遣について打合せ
  • 保健師以外の支援要請についてヒアリング

調査先「一関市」「住田町」

  • 現地本部及び職員宿舎の候補地視察

期間(3月25日から31日) 派遣人数3人

調査先「岩手県庁」

  • 岩手県庁への支援についてヒアリング(救援物資、災害対策本部の業務、災害廃棄物処理業務、上下水道施設被害復旧業務)

  • 陸前高田市への保健師の派遣における調整

調査先「盛岡市」

  • 岩手県庁派遣職員の宿舎候補地の視察

調査先「陸前高田市」

  • 求められている職員についての調査(保健師、税務職員)

調査先「一関市」

  • 陸前高田市派遣職員の宿舎候補地の視察

調査結果

先遣隊が見た陸前高田市

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

陸前高田市の基礎的データ

震災前後の陸前高田市の基礎的データ。

  • 人口23,164人
  • 面積232.29平方キロメートル
  • 世帯8,196世帯
  • 死亡者1,308人(4月17日現在、岩手県災害対策本部発表)
  • 行方不明者1,117人(4月17日現在、岩手県災害対策本部発表)
  • 避難者16,096人(4月17日現在、岩手県災害対策本部発表)
  • 被災者割合80パーセント(死亡者、行方不明者、避難者の合計を人口で割った比率(小数点以下四捨五入))
  • 避難所89箇所(4月17日現在、岩手県災害対策本部発表)
  • 家屋倒壊数3,600棟(4月17日現在、岩手県災害対策本部発表、住家のみの全壊及び半壊数)
  • 市職員数(震災前)338人(3月29日現在、岩手県政策地域部発表)

   生存確認職員数236人

   欠員者102人

  • 主な産業別割合(平成17年国勢調査結果)

   製造業19パーセント

   卸売・小売業15パーセント

   建設業12パーセント

   農業9パーセント

   医療・福祉9パーセント

このページの作成担当

名古屋市被災地域支援本部(防災危機管理局統括課)
電話番号: 052-972-3585
ファックス番号: 052-962-4030
電子メールアドレス: a3585@bosaikikikanri.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ