ページの先頭です

平成24年度被災地支援リポート ‐陸前高田市・仙台市‐ 平成24年9月分の記事

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年3月31日

被災地支援リポート ‐陸前高田市・仙台市‐

9月28日(金曜日)

みなさんこんにちは、陸前高田市企画政策業務担当です。

 

陸前高田市内には、震災前にJR大船渡線が運行していましたが、津波で大きな被害を受け、現在も不通の状態が続いています。現在の市内の公共交通は、市内6コースを民間バス事業者とタクシー事業者の力も借りて、乗合バスを運行しています。ただし、1日多いところで3往復、ほとんどが2往復のため、決して利便性がいいわけではありません。

これまでもJR東日本に対して、鉄道の復旧を要望していますが、鉄道を復旧させる明確な回答は得られていない状況です。

先日は、市民が鉄路復旧を願いこんなことがありました。市内で唯一、津波の被害がなかった陸前矢作駅の周辺住民の方が、雑草が生えている鉄路や駅周辺を草刈りしようと呼びかけ、当日は、200名弱の多くの住民が集まりました。JR側は、電車が走ってなくても設備のケーブル等があるため、市民に作業してもらっても困るということで、事前に草刈りを自前で行ってしまいました。地元の方は肩透かしを食らった形でしたが、鉄路の本格的な復旧を願い、JR職員へ要望書を渡していました。

鉄路や駅周辺の草刈りのために集まった住民の様子です。

集まった住民の様子

草刈り後の陸前矢作駅の様子です。

草刈り後の陸前矢作駅

鉄路の復旧へは道筋が見えていませんが、JR側からはBRTでの仮復旧の提案がありました。これは、バス専用道を整備し、鉄道ではなく、バスを走らせるものです。

 BRTは、宮城県内のJR気仙沼線が一部実施しているため、先日試乗する機会がありました。

JR気仙沼線BRTの様子です

JR気仙沼線BRT

専用道を走るときは、ストレスなく快適ではありましたが、専用道部分はほんの一部で、残りは一般道を走るため、すべてが専用道とならないと効果があまりないと感じました。

 陸前高田市で導入を考えた場合、ほとんどの鉄路は浸水区域にあり、人も住んでいないので、元鉄路があった部分を専用道としても人がおらず利用できません。高台の部分に専用道を作る余裕ある土地もないので、市内はほとんど一般道を走ることにしかなりません。

 あまりBRTの特徴である速達性、定時性が見込める状況ではありませんが、JRは、1時間に1本、朝夕は30分に1本の運行を提案しているため、現在の市内の交通事情を考えると、各段と市民の利便もあがるため、JRの提案を受け入れる方向で調整しています。その一方で、一度提案を受け入れると、二度と鉄路が来なくなるのではないかという意見もあります。

 むずかく感じる時もありますが、まずは市民の利便が良くなるよう早くBRTが運行できるよう調整していければと考えています。

9月21日(金曜日)

みなさんこんにちは。仙台市宅地復旧担当職員です。

 

丘陵地における造成宅地で地すべり等の被害を受けられた地域の宅地復旧事業に携わっているのですが、本事業は市内約250地区で検討されており、各地区の調査結果がようやくまとまってきており、順次地元説明会を行っているところです。

今回の事業は、公共事業で民有地の復旧も行うという全国どこの自治体でも行ったことのないことを行う事業です。そのため、どのように事業を進めていくか模索しながら、住民の方々のご理解、同意をいただけるよう多くの話し合いの機会を設ける中で、工事の発注を行うというとてもタイトなスケジュールのため、体調を崩さないようスタミナをつけて復興のために頑張ろうと思います。

 

スタミナがつく食べ物として、名古屋名物ひつまぶしがあげられるかと思います。

名物つながりで、仙台名物で有名な牛タンです。

仙台名物で有名な牛タンの様子です
どうです?分厚くないですか?

私も仙台で初めて牛タンを食べたときは衝撃を受けました。

 名物ではないですが、仙台は魚もおいしいです。

仙台へおいでになられた際は、牛タンと海の幸をご賞味いただければなと思います。

このページの作成担当

名古屋市被災地域支援本部(防災危機管理局統括課)
電話番号: 052-972-3585
ファックス番号: 052-962-4030
電子メールアドレス: a3585@bosaikikikanri.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ