ページの先頭です

令和2年度熱田区狂犬病予防集合注射を行います。

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年3月9日

ページの概要:令和2年度の熱田区狂犬病予防集合注射についてご案内しています。

令和2年度熱田区狂犬病予防集合注射のお知らせ

生後91日以上の犬には、登録(生涯1回)と狂犬病予防注射(毎年1回)が義務づけられています。

令和2年度の狂犬病予防集合注射の日程と会場は下記のとおりです(雨天でも実施)

事故防止のため、飼犬の行動をきちんと制御できる方がお連れください。

飼犬のふんの始末は飼主が責任を持って行いましょう。

 

令和2年度狂犬病予防集合注射の日程と会場
開催日 時間 会場
4月8日(水曜日) 午後1時30分から2時15分 一番町公園(八剱社社務所の南)
午後3時から3時45分 高蔵公園(野球グラウンドの南)
4月9日(木曜日) 午後1時30分から2時15分 西町公園(日比野中学校の西)
午後3時から3時45分 大瀬子公園(白鳥橋東交差点南へ200m)
4月10日(金曜日) 午後1時15分から2時15分 南郊公園(東側)
午後3時から3時45分 千代田公園(野立小学校の東)

実施時間は午後のみです。

集合注射会場において「鑑札・注射済票の再交付」及び「会場で注射を受けない犬への鑑札・注射済票の交付」の手続きは行えません。該当の方は保健センターで手続きを行ってください。

飼犬の死亡・転居・譲り受けた場合は保健センターへ届け出てください。

料金

登録済みの犬については3,500円(注射料2,950円と注射済票交付手数料550円)

新規の飼い犬については6,500円(登録申請手数料3,000円、注射料2,950円と注射済票交付手数料550円)

※受け取った鑑札と注射済票(鑑札の裏に貼るシールタイプ)は首輪に付けてください。

狂犬病予防集合注射会場にて注射を行わない場合

狂犬病予防集合注射会場にて注射を行わない場合は、動物病院で注射を受け、交付された注射済証をお持ちいただき、熱田保健センターにて注射済票の交付手続きを行ってください(注射済票交付手数料550円が必要です)。

また、名古屋市の委託を受けた登録獣医師の動物病院では、狂犬病予防注射と同時に鑑札(未登録の場合のみ)、注射済票の交付を受けることができます。

詳しくは、「犬の登録と狂犬病予防注射」でご確認ください。


このページの作成担当

熱田区役所 熱田保健センター 健康安全課 食品衛生・動物愛護等担当
電話番号: 052-683-9678
ファックス番号: 052-681-5169
電子メールアドレス: a6839678@atsuta.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

熱田区からのお知らせに戻る

令和2年度熱田区狂犬病予防集合注射を行います。の別ルート

ページの先頭へ