ページの先頭です

熱田ブランド懇談会(第6回)を開催しました!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年7月24日

熱田ブランド懇談会について

当日の写真 1枚目


 「熱田ブランド」とは、熱田の受け継いだ歴史や文化、自然・環境などの地域資産を発見、開発及び発信することにより、熱田のイメージをより高め、これからも人々に愛され、熱田区内外から訪れていただくまちとして発展していくことをめざす取り組みです。

 この取り組みを進めるにあたり、幅広く意見を聴取するため、熱田区役所と名古屋学院大学の共催で「熱田ブランド懇談会」を開催しております。

 このたび、第6回目の「熱田ブランド懇談会」を開催しました。

  •  開催日    平成29年7月5日(水曜日)
  •  開催時間  午後3時30分から午後5時00分まで
  •  開催場所  熱田区役所3階 303・304会議室
  •  参加者    公募区民の方や区政関係者、熱田区内において事業活動等をされている方など 23名
  •  傍聴人    なし

 

当日の様子

 初めに、前回の懇談会で提案された「シンボルマーク」について、候補となっている3作品を公表しました。

 候補となる作品及びコンセプトは以下のとおりです。


No.1 伝統と自然、交流を表現したマーク

シンボルマークその1









熱田郷土に根付いた神社仏閣と自然、人が熱田に込めた思いを表現。
赤は熱田の伝統の象徴である鳥居をモチーフに、青はかつて交通の要所でもあった海・川を、金は古代から現代、今日に至るまでのそこに根付いた人々を表現しています。

No.2 熱田の「a」と神宮、熱田の歴史を年輪で表現したマーク

シンボルマークその2









atsutaのaと神宮を造形的に共鳴させ、1900年以上に及ぶ熱田の歴史に息づく巨木の年輪を感じさせるマーク。
熱田の魅力を三本のライン(歴史・文化・自然/技術・流通/新しい取り組み)に集約させ、熱田らしい力強さを表現。

No.3 熱田の「A」と魅力ある熱田を内外に発信するさまを表現したマーク

シンボルマークその3









熱田の古代・近現代・今日に至る時代の経過を3つのラインで表現。
いつの時代も色あせない魅力ある熱田であることを誇りに思い、その思いを内外に向けて発信していくさまを力強く表しています。

  シンボルマークの上部には熱田ブランドの「キーフレーズ」を入れています。

  (参考)「熱田ブランド」の「キーフレーズ」が決まりました! (ホームページ)

 

 また、今回の懇談会でシンボルマークの選定方法について、熱田区にゆかりのある皆さまを対象に投票を実施することをご賛同いただきました。

 シンボルマークの投票については以下のリンク先をご覧ください。

  (参考) 熱田ブランドの「シンボルマーク」を選ぶ投票を行います! (ホームページ)

 

  • 当日の写真 2枚目
  • 当日の写真 3枚目

 続いて、熱田区役所から、シンボルマークの具体的な使用方法と、今後の熱田ブランドの推進について説明をさせていただきました。

 熱田区では、シンボルマークを区役所印刷物や関連行事で使用していくことを検討しています。

 これを踏まえ、名古屋学院大学の家本社会連携センター長(経済学部教授)の進行のもと、シンボルマークの使用方法及び熱田ブランドの推進について懇談会参加者の間で意見交換を行いました。

 参加者の皆さまの主なご意見は次のとおりです。

  • 学区での発行物や回覧板にシンボルマークを印刷して使用したい。
  • シンボルマークを携帯電話の待ち受け画面に設定したり、シール・ステッカーを作成したりすると活用の幅が広がると思う。
  • シンボルマークの使用期間を明確にしてほしい。
  • 今日集まっている皆さん全体でこのマークを使っていければ、熱田全体を盛り上げることができると思う。一部の方しか使っていないとなると、まとまりがないし、物足りない。
  • イベントや催し物がある際にシンボルマークを使っていきたい。
  • 人が集まったときに掲示できるように、シンボルマークの入った横断幕を作成したり、プロジェクションマッピングで映し出すのはどうか。
  • シンボルマークの入った缶バッジやピンバッジを作成して、行事やイベントの際に配布してはどうか。


 

  • 当日の写真 4枚目
  • 当日の写真 5枚目

 最後に、10月7日に開催される熱田区制80周年記念式典での「熱田ブランド宣言」について説明させていただきました。

 熱田区役所では、式典の中で熱田ブランドについて区民の皆さまに広く周知して一体感を持っていただくために、区長から「熱田ブランド宣言」を発信することを考えております。「熱田ブランド宣言」を発信することで、「熱田」の魅力を伝え、拡げ、次世代へと繋げていくことをねらいとしています。

 今回の懇談会では、「熱田ブランド宣言」の作成状況について、参加者の皆さまにご報告させていただきました。

熱田ブランド宣言(案)

  • 熱田に受け継がれてきた、歴史・文化・自然をはぐくむこと。
  • 熱田を訪れる人を温かくお迎えすること。
  • 熱田への誇りや想いを次世代につないでいくこと。
  • 熱田の魅力を広く発信していくこと。


 宣言文の案に対して、下記のとおりご意見をいただきました。

  • 次世代へ繋げていくことが目標だというが、宣言文がおとなしいイメージがある。「賑わい」や「活気」がキーワードとして入れられると良い。
  • 区長と一緒に区民の代表や懇談会参加者が宣言文を読み上げるのはどうか。

 宣言文は、次回の懇談会で内容の決定ができるよう、作業を進めてまいります。

まとめ

  今回の懇談会では熱田ブランドのシンボルマークを決めるための投票を行うことについて、参加者の皆さまのご賛同をいただきました。また、シンボルマークの活用方法についても、多くの貴重なご意見をいただきました。

 シンボルマークは今後、本年10月に迎える熱田区制80周年にあわせて、皆さまにお披露目する予定です。

 シンボルマークの活用についても、今回皆さまからいただいた貴重なご意見、ご提案を参考に、シンボルマークを地域に根付かせ、また、外部に発信していけるように努力してまいります。

これまでの開催状況(ホームページ)

このページの作成担当

熱田区役所区政部企画経理室

電話番号

:052-683-9688

ファックス番号

:052-682-1496

電子メールアドレス

a6839686@atsuta.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ