ページの先頭です

消防職員が戸別訪問を実施し、防災用品を配付します!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年6月10日

「戸別訪問による防災用品の配付及び意識啓発」について

事業概要

  • 大規模災害に立ち向かうには、家庭の自助をより高める必要があります。
  • 本年度、各区モデル1学区において、戸別訪問し、防災用品を活用することで、家庭の自助の取組が進むよう働きかけていきます。

  熱田区モデル学区:旗屋学区

戸別訪問する職員

  • 消防職員を中心として、可能な範囲で区役所職員・消防団員等と連携しながら、戸別訪問を実施します。

配付する防災用品

  • 家具転倒防止器具、消火スプレー、おもり式感震ブレーカーの防災用品のいずれか1つを無償配布します。

実施予定日時

  • 1回目(防災、希望物品アンケート):6月17日から30日までの期間で町内会毎に調整中
  • 2回目(防災物品の配布):9月頃
  • 3回目(防災物品の設置状況の確認):10月頃

※ 消防職員を騙り、高価な防災用品を販売したり、個人情報を入手しようとする詐欺も発生しております。消防職員が防災用品を販売することはございませんので、ご注意ください。


このページの作成担当

熱田消防署 総務課
電話番号: 052-671-0119
電子メールアドレス: 09shomu@fd.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ