ページの先頭です

第16回熱田ぐるりんウォーキング開催結果(平成29年3月)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年4月20日

第16回熱田ぐるりんウォーキング「熱田区制80年を迎えて 源頼朝生誕870年」を開催しました。

  • 断夫山古墳
  • 宮の渡し公園

平成29年3月26日(日曜日)第16回熱田ぐるりんウォーキングを開催しました。今年のコースは、断夫山古墳をスタートした後、龍珠寺(りょうしゅうじ)、全隆寺、誓願寺、熱田神宮内(こころの小路、六末社、旧熱田図書館(能楽堂) 、海国寺、松姤社と十握社、宮の渡し公園のゴールまでを歩く約4km、2時間程のウォーキングコースでした。

当日は、小雨が降るあいにくの天候となりましたが、55人の方々にお越しいただき、ウォーキングを楽しんでいただきました。また、参加者の皆さんへ、新しくなった「熱田ぐるりんマップ」を配布しました。

 

当日の様子

断夫山古墳北(熱田神宮公園管理事務所南側)

  • 受付の様子
  • ガイド付出発の様子

受付では、参加申込後、原則、フリーで歩きました。9時・10時発をはじめ、複数便のグループがガイド付きで歩きました。

龍珠寺(りょうしゅうじ)

  • 龍珠寺(りょうしゅうじ)1
  • 龍珠寺(りょうしゅうじ)2

龍珠寺(りょうしゅうじ)では史跡ガイドの会の方から、寺の由来等(西加藤家が建立、前田利家ゆかりの寺など)の説明を聴き、改めて熱田の歴史の深さを知りました。

全隆寺

  • 全隆寺 1
  • 全隆寺 2

全隆寺は、曹洞宗のお寺で山号は大亀山(だいきざん)です。山門の屋根には亀が居ます。

誓願寺

  • 誓願寺1
  • 誓願寺2

浄土宗西山派の寺院で境内には、鎌倉幕府を開いた源頼朝がこの付近で誕生したといわれ、「源頼朝産湯の井戸」「源家発祥白旗碑」があります。

初代が、幽居での竹千代(徳川家康の幼名)の養育係をしたこともあり、「葵の御紋」を門扉に掲出を許されました。

熱田神宮内【こころの小路・六末社・旧熱田図書館(能楽堂)】

  • こころの小路

熱田神宮の創祀は、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まり、平成25年には御創祀1900年の慶節を迎えました。年間、約700万人もの参拝者が訪れます。

こころの小路は、本宮の北側を巡る小径で、平成24年12月に新設され、本宮を北側や西側から拝することができ、静寂な杜の雰囲気を楽しみました。

海国寺(かいこくじ)

  • 海国寺(かいこくじ)1
  • 海国寺(かいこくじ)2

海国寺は、多くの俳人や歌人が立ち寄り、松尾芭蕉や林桐葉、若山牧水が句会を開いた事でも知られ、各種の句碑が残っています。

松姤社(まつごしゃ)と十握社

  • 松姤社

熱田神宮の境外にある摂社で、耳の神様として崇敬されているといわれています。

宮の渡し公園

  • ゴールの様子

ゴールでは、宮の渡し公園の常夜灯などで記念写真を撮る方もいました。

  • 完歩賞を受け取る様子

ゴールでお渡しした完歩賞は、断夫山古墳をイメージした「古墳パン」です。

また、参加賞として、きよめ餅総本家様の協賛できよめ餅もお渡ししました。

ぜんざいのふるまいもあり、雨の中、みなさんほっとした表情になりウォーキングの後も楽しみました。

ご参加、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

断夫山古墳

  • 断夫山古墳の説明を受けてる様子

例年、希望者はスタート前に「断夫山古墳」に上がることができますが、今回は雨天のため残念ですが、入山することができませんでした。

このページの作成担当

熱田区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-683-9421

ファックス番号

:052-683-9494

電子メールアドレス

a6839420@atsuta.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

熱田区からのお知らせに戻る

第16回熱田ぐるりんウォーキング開催結果(平成29年3月)の別ルート

ページの先頭へ